愛恵保育園にしあらいの理念




   (目的)
 1、 愛恵は就労等により、安心して安全に子どもを預けたい保護者の必要を満たし、
   保育を必要とする児童(0歳児〜2歳児)を保育することを目的とする。
 2、 乳幼児のより良い成長と人格形成に寄与する。

   子どもたちは未来を創り、未来を生きる未来そのものであり人類の宝です。
  子どもたちが良くなることが、明るい良い未来を築くことにつながると信じ、
  適切な保育を行い、子どもたちが大人になったとき、幸福感を感じながら、
  より良い人生を生きていけるように、乳幼児期に形成される人格の基礎の部分を
  育てる教育に重点を置いた保育を行います。

   子どもたちが幸福感を感じ、良い人生を生きていけるように人格の基礎となる
  基本的信頼感を育て、自立と自律を行う事が出来る心、人生を生き抜く健康な身体を
  養うために、次の4点の目標を掲げます。

    ・ 自分を信頼し、好きになれる子
    ・ 自分の住んでいる地域や人々を好きになれる子
    ・ 自分でやろうとする自立心を持った子
    ・ 適切な生活習慣を養い、健康な心身に成長する子

   人は自分を認め好きになれれば、人生を楽しく生きることができ、色々な困難に
  出合った時にも頑張れる生きる力になります。
  また、周りの人々を好きになれて、世界を信頼出来てこそ、幸せに楽しく生きること
  が出来ると思います。
  そして、周りの人を良くしてあげることが出来、世界を良くしていくことが出来ると
  思います。
   これらの信頼感を育てるために、子供たちへ愛情を注ぎ、心のこもった触れ合いや
  保育を通して、また出来ることを増やし自立した心を育てることで、人格の基礎を
  育ててまいりたいと思います。
   
   そのためにも私たちは自分を育て向上させる努力をし、子供たちのお手本となれ
  るような、適切で愛情のこもった保育を行えるように精進してまいります。
  人は自分で物事を成し遂げてこそ本当の満足感、幸福感を得ることが出来ると思いま 
  す。
  本当の意味での自信をもち、幸福感を持って生きるには、自分が主体性を持って行動し、
  成し遂げていこうとする自立心と自律が必要です。
   
   それらを養うためにも、子供たちが行いたいことは、自分で出来るように教え、
  励ましながら、出来ることを少しずつ増やし「自分は出来るんだ。やってみよう!」という
  自立心を大事に育てていきたいと思います。
   そして、自分の人生を支える健康な体を作るために、乳幼児期に必要な睡眠を重点に 
  生活習慣を確立する手助けをしてまいりたいと思います。

   愛恵ではこれら人間の人格の基礎、人を支えていく心、人生を支える健康な身体の
  基礎を養うことを重要課題として、愛情のある保育に努めてまいります。
   そして、保育を行う保育士の皆様にも自分を信頼し好きになれる心、自立心を持って
  楽しく幸福な人生を歩んでいただきたいと思っています。



トップへ
トップへ
戻る
戻る